読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よわい犬ほどよく吠える

ジャニーズに興味がなかった私がジャニーズに落ちた。今なお沼を遊泳中。無断転載禁止。(例:スクリーンショット・コピペなど)

関西と関東のハーフのジャニオタです。

私について

 私の両親は京都出身だ。両親は二人とも京都で生まれ、20代後半で東京に移住するまでずっと京都に住んでいた。私はこの両親の元で、東京で生まれ、東京で育った。今日は(自称)関西と関東のハーフである私の人生と、唐突に訪れた、ベラベラ関西弁で喋るジャニーズとの出会いについて書いていきたい。

 私が生まれたのは東京だ。しかし〜1歳ぐらいまでは親が里帰りしていたので、京都で過ごした。親は関西弁で私たち(双子の姉がいます)に話しかけていた。しかし、しばらくたつと、親は私たちを東京の学校に入学させることに決め、そこから私たちに関東弁で話しかけるようになった。理由は「なまりでいじめられないため」だった。

 そして、紆余曲折あり、インターナショナルスクールに入学することが決まった。なまりでいじめられない、ということが分かった両親はそこから普通に私たちに関西弁で話しかけるようになる。ちなみに4つ下の弟は生まれたときから関西弁で話しかけられ続けたからか、関西弁が流暢に話せる。京都で、タクシーの運転手さんに関西弁で話しかけ、「どちらからきはったんですか?」と聞かれるか「どちらから帰ってきはったんですか?」と聞かれるか、という謎のかけをして、「帰ってきはった」か聞かれたため、きっと地元の人だと思われたんだ…!と本人がドヤ顔していたので少なくとも地元のタクシー運転手さんを騙せる程度の実力である。

 そんな私は家にいる間はひたすら親に関西弁で話しかけられ関東弁で返す生活を送り、外に行けば友達と関東弁で喋る人生を送っていた。夏休みになれば、京都のおばあちゃん家(両家)に一ヶ月ほどいた。もちろんおばあちゃん達は関西弁で話しかけてくるので、私はその時期になると少し関西弁が交じるようになるのだった。夏休みが終わり、東京に戻るとそれは治った。しかし、やはり従兄弟達とは全然喋り方が違うので、私にとって関西弁は聞いたらわかるけど自分ではしゃべれないものだった。

 でも友達の下手な「へー!親関西弁なんだ!『なんでねん!(東京アクセント)』」には幾度と無くいらついたことはある(皆さんごめんなさい)。生きていく上で「えっこの言葉関西弁なの!?」なんてことはザラだった。ほかす、はすかい、にぬき、かしわ、じゃじゃぶり…もちろん私の知っている関西弁を喋る人の年齢層が比較的上なので、影響されている節はある。*1 私にとってピアノは「ピ↑アノ」だし、もうそれ言ったらタケモトピアノ*2しか出てこない。ドラマなどで下手な関西弁を聞いては「違う!」といい、ラブライブ!東條希ちゃんを聞いて「これ何…!?」と発狂していた*3程度に、関西弁を聞く耳は鍛えられていた。

 そんな感じで、私は「関東人にしては関西弁喋れるけど関西人の前で喋るなんて恐れ多くて無理、でも食べ物とか文化は関西人」という生き方をおくってきた。食べ物はほぼ関西風だった。うどんのおだしは薄めだ。玉子焼きは甘くない!話にオチを求められ、一発芸を常に出来るように育てられた。(冗談じゃなくて、本当に)もしかしたらこれはお父さんがNSC(吉本)を目指していたのもあるからかもしれない。というか高確率でそうだ。

 そして昨年の秋、ジャニーズWESTにはまった。そもそも大阪弁/神戸弁をきくのがほぼ初めてだった。私の親戚は京都に集合しているため、大阪弁を話す人と喋ったこと殆ど無いのだ(はとこぐらいのものである)。ジャニストにはまり、youtubeでラジオを聴きまくる生活が始まった。関西弁を聴きまくった。現在私は海外留学中で、周りには日本語を喋れる人がほとんどいない。そのため私が耳にする日本語はほぼ関西弁になった。すると、面白いことが起こった。

私の双子が、寝言で関西弁を使い始めた。

革命である。

ジャニーズWESTが私たちの内なる関西心をくすぐってきている…!

 私にとって関西弁はスッと理解出来る物。そのため、関西弁をきくときにわざわざ「あっ関西弁だな」と思って聞かない。パリピポアルバムに収録されている、アカンLOVE〜純情愛やで〜を「関西弁の歌詞にも注目」と紹介していたときに、「あっそういえば歌詞関西弁だね…?!」となったぐらい、本当に普通に聞き流している。

 私事だが、たまーにジャニーズWESTの小説を書いている。するとぶつかるのがこの「関西弁問題」である。関西弁は書ける、でも私の書いている関西弁は限りなく京都弁に近いのである。ジャニーズWESTには京都出身者はいない。

京都言葉と大阪言葉の違い

magazine.campus-web.jp

さて、とここまで関東弁と関西弁について語ってきたところで、ジャニーズと関西弁について述べたいことがある。

桐山照史くん、めっちゃ関東弁になってない??

それに関してはメンバーがラジオや雑誌でわいわい言ってくれてるのであまり深くはいじらないが、きっとブラブラの影響なのだろう…。東京に染まったとか言われる前に治るといいな…と老婆心で思っている。

 また、ジャニーズWESTの面々はラジオで、「頑張って使ってる下手な関西弁かわいい」ということを言っていた気がする。全く理解出来ない。某キスマイ藤ヶ谷さんがキングを魅せつけた、キスブサの年始スペシャル(壁ドンと顎クイの奴)の藤ヶ谷さんの「めっちゃ、好きやで」をみて「うん、違う」と言っていたぐらいである。厳しくてごめん。

 あと雑誌でたまに対談?インタビュー内容が東京弁風に書き換えられているあの現象はなんなのだろう。ジャニストのインタビューを読むときは基本関西弁で読んでいるので突然「だよね」とか出てくると「ん?」となってしまう。誰か共感してくれないかな。

  私関ジャニについて何も知らないので、是非とも関ジャニ内における関西弁について誰か分析して記事を描いて欲しい。関ジャニ京都出身者いるし。

*1:最近の人はにぬきって言わないらしい。

*2:最近このCM関東でも流れてるらしいですね

*3:ちなみに希ちゃんのこと好きです。最初動揺しただけで、後半にかけて慣れました。