読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よわい犬ほどよく吠える

ジャニーズに興味がなかった私がジャニーズに落ちた。今なお沼を遊泳中。無断転載禁止。(例:スクリーンショット・コピペなど)

親友が彼氏と別れて、藤井流星に落ちた話

日記

私には小学校の時から一緒にいる親友がいる。彼女がついにジャニオタになった(仮)なのでその記録を書いておきたい。

ここでは仮に彼女のことをTちゃんと呼ばせていただく。彼女はここまで色々な趣味に、私たちと共にハマってくれた。私、私の双子の姉*1、そしてTちゃんの3人で色々なことをしてきた。私たちがアニオタになればアニオタに、コスプレイヤーになれば共にコスプレをしてくれた。そして私がジャニオタになったため、さあ次はジャニオタにきっとなってくれるぞとわくわくしていた

彼女も私も海外の大学に留学しているため、会えるのはお互いの帰国中のみである。

というわけで、去年の12月、私がジャニオタになって初めてTちゃんに会う機会があった。渋谷をうろうろしながら、WESTのカレンダーの看板みて「あれの中で私の好きな人は誰でしょう?」と言ったら5番目ぐらいまで当ててもらえなかった。

Tちゃん「あれ…?もしかして、ごめんね青春に出てた人いる…?」

私「あっそれ重岡くんだね!」

当時はこれぐらいで会話が終わった。そして、ある春の日facebookで布教活動を始めてみた。内容としてはひたすらskypeで話しつつ、facebookのチャットで画像を送りつけるという悪質なものである。

私(神山担)、双子のS(濱田担)、そしてTちゃん。

私と双子はひたすらまず自担をプッシュした。

Tちゃん「…なんでこの人歯ブラシくわえてるの…?」(濱ちゃんのカレンダーの写真)

S「えっ…アイドル撮影だと意外とある*2の」

T「じゃあ、歯ブラシくんね。」

というわけで着々と呼び名は決まり、TちゃんのなかではジャニーズWEST

K-pop(神ちゃん)、海老沢くん(シゲ)、DAIGO(小瀧)、イケメンE-girls(流星)、台湾の唇(淳太)、お好み焼き(照史)、歯ブラシくん(濱田)になった。

ひたすらその日に画像を貼った結果、彼女が一応気になるのは歯ブラシ、DAIGOとイケメンになった。

「せっかくなので横アリに行けば?譲りツイ結構あるよ?」と言ってみたが「さすがに一人では無理!」と拒否られてしまった。

私「でも絶対後でハマるよ?絶対いけばよかったって思うって?!」

T「いやでもー1人はさすがに無理だって!」と当時は躊躇された。

 

というわけで私たちの広島遠征が決まり、「ついでだから広島旅行しようか?!」と3人で広島に行くことにした。

この時点でTちゃんは「彼氏が連絡くれない」「未読無視される…」と結構彼氏に対して不満をいだいていたため、「そういう時はジャニーズ!!裏切らないですよー!」とごり押ししてみていた。

私「ほら、別に勝手に好きになってるだけだから全然期待とかしないしさ!相手が見てくれないのが当たり前だから全然見てくれなくても気にならないし!むしろ目が合うと有頂天になれるよ!」

こんな感じのハイテンションの私をTちゃんはちゃんとパリピポに送り出してくれた。

さて、パリピポが終わり、私はTちゃんにメールをすると

「今ちょっと緊急事態…(彼氏関連)」というメールが来た。「お酒買ってこようか?」と言ったら「いくつか買って来てwww沢山でも構わん」と言われたのでコンビニで酒を買いホテルの部屋に戻った。友達は部屋で涙目だった。

 かいつまんで説明すると、彼氏が何か重要な話があることを匂わせていて、明日品川駅で会うことになったらしい。

Tちゃん「どうしよ…なんか絶対悪い話な予感がする…絶対明日話した後家に帰れない気がする…家泊まっていい…?」と言われたので「いいよー」と言っておいた。

そして帰りの新幹線。まずパリピポを聞かせる。

「このパート神ちゃんね」とか言う風に説明していると、3曲目ぐらいには

Tちゃん「今の神ちゃん?」

とかいう風にだんだんわかってきてくれていた。飲み込みが早い。

というわけで上からパリピポアルバムを聞かせ、ひたすら画像を見せ、なにわ侍のショータイムを見せた。

Tちゃん「流星くんかっこいいね」

私「でしょ?でね、お好み焼きと明太子は昔同じユニットを組んでたんだよ」

Tちゃん「ほう」

もう何の話をしているのかという感じだがB.A.D.のことである。

そんなこんなしている間に彼氏から電話がかかってきて、メールが届いた。「やっぱり目黒に移動できないか」とのこと。

Tちゃん「なんかどうでもよくなってきた…めんどくさくなってきた…なんで上からなの…流星ならいいけど…

そしてジャニショの写真(先輩ジャニオタさんにお使い頼んだ物の写真)を見せたところ

Tちゃん「淳太くんめっちゃおもしろいんだけどwwくふふww」

私「えっ何が??」

Tちゃん「なんかww全部ww」

私「あーでも、淳太くんおもしろいと思い始めたらね、落ちるよ淳太くんに…」

なんていう調子で話していたら、

Tちゃん「だんだん(彼氏に)会うのめんどくさくなってきた……」

私「お、おう…」

 

最終的には淳太くんに爆笑している間に品川に到着した。

Tちゃん「じゃあ行ってくるわ……」とテンション低めのTちゃんに淳太くんの写メを見せながら「広島旅行楽しかったね、明日はもっといい日になるといいね!*3」と言ったら「淳太郎wwwwwwwwww」と爆笑していた。

私「大丈夫、帰ったら『ようこそ我が家へ』とか言うし、普通に流星の写真とかおいておくね???」

Tちゃん「うん、もういっそ君たちの家に行くのが楽しみだわ。」

 

そして、Tちゃんが家にきた。

玄関先まで出迎えて「どうだった?」と聞いたら「まあ、別れたよね」と言った。というわけで、早速はい、といいジャニショの写真が入っているアルバムを渡した。

Tちゃん「あー流星くんかっこいいわー」

とりあえずパリピポのパンフを渡す。

Tちゃん「めっちゃいい。かっこいい。」(流星の写真を手で撫でながら)

パリピポのクリアフォルダ(CD特典の奴)を見せる。

Tちゃん「招待状いいなーパーティー一緒に行きたい。」

そこからは、ズンドコの特典ポスターを見せ、PVとメイキングを見せる。

Run from youを見せたら流星の腰振りのところでTちゃんはニヤニヤしていた。

深夜2時頃になったので寝た。

布団の横には流星くんのカレンダーの写真を大量においておいた。

朝起きると、Tちゃんは「朝起きたら流星くんが隣に寝てた♡」とごきげんだった。

そこからアルバム特典映像のリリパ映像を見る。

Tちゃん「神ちゃんも照史もかわいい」

そして午後から、品川駅に出かけることにした。Tちゃんに

私「えらいねーメイクして」と言うと、

Tちゃん「だって流星くんに会うかもしれないじゃん?」

私「(^-^)…?!」

そしてホラー映画を借りて、家で見ることにした。

私は一足先に帰って家で待っていたのだが、なかなか帰ってこない。「遅くない?」とメールしたら「ごめん、ドル誌読んでた」と返事が来た。

ホラーを見て、お口直しにひたすら流星を見た。ほぼ全てのPVと、夢抱きのメイキングを観終わりTちゃんは家に帰っていった。

双子のSが途中でRun from youを見せようとし、

S「あ、これもう見たんだっけ?」

Tちゃん「いや、いいよもう一回見るし」

さらに、元々Tちゃんになにわともあれを(遅れた誕生日プレゼントとして)買ってもらう予定だったのだが

Tちゃん「買ってあげるから一緒に観よう」私「うん」

という感じだ。

私「ジャニショ行きたいなーあーでも土曜日混んでるかーじゃあ月曜日原宿のジャニショ行こうか?」Tちゃん「うん」二つ返事である。

 

そして先ほどTちゃんから届いたメッセージがこちら

f:id:piro2paniTsuri2:20150531232115p:plain

これがたった3日間の出来事です。というわけで明日ジャニショに行ってきます♡

 

後編:

kstk.hateblo.jp

 

*1:濱田担。リアルに血の繋がった双子。

*2:このあと雑誌漁って気付いたのだが、アイドルって結構歯ブラシくわえて撮影してるよね

*3:ハム太郎のノリ