読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よわい犬ほどよく吠える

ジャニーズに興味がなかった私がジャニーズに落ちた。今なお沼を遊泳中。無断転載禁止。(例:スクリーンショット・コピペなど)

Can't Stopの歌詞、和訳+深読みしました。

和訳+深読み

 ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!発売おめでとうございます!色々な曲があったけど、やっぱり、ジャニーズWESTのかっこいい曲シリーズとしてあげられるCan't StopとCriminalって最高にかっこいい!しかも今回は発売前からTV番組でCan't Stopの映像が流れるなど、Can't Stopを推している印象を受けました。

というわけで、(今更感満載なのは承知の上で)Can't Stop和訳+深読みいきます!

 青い部分が元々英語で、日本語に和訳した部分です。  注釈にオンマウスで、元の英語歌詞が表示されます。

Can't Stop

(歌:ジャニーズWEST 作詞:zopp 作曲:Takuya Harada/STEVEN LEE/Goldfingerz)

 

もう止められない *1

 

シャンデリア 煌めき 宴のざわめき

一人ぼっちの気分だ*2 こんなそばにいても

触れることすら出来ない*3 君の存在は 近くて遠い

ヤツがくれた 指輪見つめて 

作り笑いした君

ふいに視線 ぶつかる

「助けて欲しい」そんな目してた

 

そばにきてよ *4 伝えたい でも伝えられない*5

抱きしめたい強く でもそれは許されない*6

連れ去りたい 想いが溢れた

 

綺麗な愛なんて 構わない *7

世界が軽蔑したって

この想いを遂げたい

もう君を愛することをやめられない*8

 

汚れた愛でも 構わない *9

狂いそうなくらい 君が欲しい

ただ君だけ 君を愛することをやめられない*10

 

君の手つかんで 屋敷を駆けてゆく

狂ったように走って*11 ドアの前で止まる

ふと我に返る*12 ノブを握り戸惑う心

薬指の指輪 抜き捨て

口を結びうなずく

黒目がちな瞳が

「ついて行くよ」覚悟告げてた

 

君に出会って 生まれて初めて*13

愛の意味を知った だから今なら言える*14

二人なら なにも怖くはないよ

 

叶わぬ愛なんてないんだ

誰がなに言ったって

この熱は消えない

もう君を愛することをやめられない*15

 

命をかける愛なんだ

理屈なんてない これが多分

運命だったんだよ 君を愛することをやめられない*16

 

そう、僕が君の特別な人になってあげる*17

さあいこう*18

もう止められない*19

 

君は僕の一部

それでいて全部

誰にも渡さない

誰も僕を止めることは出来ない*20

(サビ繰り返し)

 さて、深読み開始。(全部私の個人的な解釈です。)

設定

 「屋敷」「シャンデリア」などの言葉からわかるように、この歌における「君」はお金持ちのお嬢様。皆が楽しんでいる「宴のざわめき」の中で、一人だけ浮かない顔をしている彼女の手元には「ヤツがくれた指輪」が光っていて、そんな彼女を見て主人公は彼女を連れ去ることを決心する…。

 描かれているのはいわゆる略奪愛。政略結婚という形によって、決められた相手と望まぬ結婚させられそうになっている「君」を連れ去って、愛の逃避行を始める二人…と一見すると、逆境の中愛を貫くカップルを描いた素敵なラブストーリー…なのだが、冷静に読み解くと実は主人公の行き過ぎた愛情が招いたとんでもない誘拐事件だということがわかる

 まず主人公(僕)とお嬢様(君)の関係は一体なんなのだろう。

 「君の存在は近くて」「こんなそばに」とあることから、二人は物理的には近い位置にいる。しかし、主人公は彼女に「Can’t Even touch」=触れることすら出来ない。彼女に婚約者(?)がいるから、というのもあるだろうか、私はこの二人の身分が違うのでは、と思った。 2番サビで主人公が「叶わぬ愛なんてないんだ」とわざわざ否定していることから、この愛は一見すると「叶わぬ愛」なのだろう。 いつも近くにいるのに手を出してはいけない、叶わない愛…主人公は、きっとお嬢様の執事だ。

 この歌で、主人公は自分のことを「僕」、女の子のことを「君」と呼んでいる。「僕」という一人称は大人しい男の子を連想させる。しかし、彼女の婚約者を呼ぶ三人称は「ヤツ」。攻撃的な言い方である。この単語を見ただけで、主人公がその婚約者にいい印象を抱いていないことがわかる。そして、「連れ去りたい 想いが溢れた」―彼は彼女を連れ去ることを決心する。

 

描かれる主人公の狂気

 1番、2番共にAメロはストーリーを説明する役割をしていて、情景描写が多い。Aメロでは、主人公の気持ちは英語部分にしか綴られていない。しかし、Bメロ〜サビにかけて、全てのフレーズが主人公から「君」への一方的な愛情の描写になるのである。「抱きしめたい」「連れ去りたい」「この想いを遂げたい」すべて「〜たい」という助動詞を使って、主人公の希望を表している。ここにお嬢様の気持ちは一切汲まれていない。それがまた怖い。

 お嬢様から主人公への気持ちらしきものが描かれているのは、1番Aメロ「助けて欲しい」と2番Aメロ「ついていくよ」の2箇所のみである。さらに注目して欲しいのはこの前後の歌詞。

「助けて欲しい」そんな目してた

 黒目がちな瞳が「ついて行くよ」覚悟告げてた

  お嬢様は一言も発していない。あくまでも主人公が、彼女の目をみて、そう解釈しただけである。 彼女の言葉ではなく、目だけで感情を伝えさせることで、主人公の「すべてを自分の都合の良いように解釈するヤンデレ感」が増している。

  彼のヤンデレ感を更に助長させているのが、サビで次から次へとくる重いセリフ。

 まず、注目していきたいのは「愛」という単語。この歌では一度も「恋」という単語は用いられていない。2番Aメロで、主人公は「君に出会って For the first time 愛の意味を知った」と言っている。愛は恋とは違って、家族にも抱くことが出来る慈しみの感情である。では、何故主人公は愛の意味を知らずにここまで育ってきたのだろうか…?

 どう考えても深読みしすぎだとは思うが、この主人公(執事)は不幸な身の上で育ったのではないだろうか。そして、家族の顔も知らないまま、見知らぬお金持ちに気に入られ、その家で執事として働くことになった。その家には執事と同い年ぐらいのお嬢様がいて、共に育つうちに執事は彼女を「愛」するようになる…。

 そして描かれる直接的な狂気。「狂いそうなくらい君が欲しい」彼は、彼女の手をつかみながら「Run like crazy=狂ったように走る」のだ。さらに、「世界が軽蔑したって」「誰が何言ったって」という表現によって、世界中を敵に回してもこの愛を貫くという、気味が悪いほどに真っ直ぐな主人公の気持ちを感じる。

 

一方通行の気持ち

 では彼女は彼のことをどう思っているのか?

 Cメロを見てみると「I can be the one for you=君の特別な人になってあげる」という歌詞がある。つまり、彼女にとって現時点では彼は特別ではないのである、しかも彼はそれを自覚している。では彼にとって彼女とは?言うまでもないが、「君は僕の一部 それでいて全部」。彼にとって彼女が全てなのである。気持ちはとんでもないほど一方通行だ。

 では彼女は何故彼についてきているのか。これは純粋に彼に対する信頼と、政略結婚を決めた人々への反抗ではないだろうか。彼女はまだ事の重大性に気づいていない。自分を連れ去った人間の深すぎる狂った愛に気づいていないのである。

 そこから畳み掛けるように続く、

誰にも渡さない

誰も僕を止めることは出来ない(No one can stop me) 

もう座りきった目で主人公が不気味な笑いを浮かべながら言っているのが想像できる!!!お嬢様逃げて!!!!

 また、曲中に「何があっても君を守るよ」的なセリフが一切無いことについても指摘したい。逃避行しているなら是非とも入れておきたいぐらい、恋愛曲に頻繁に登場するフレーズだ。しかし、この歌にはそれがない。あるのは「君への愛が止まらない」「狂いそうなくらい君が欲しい」…もうこれが狂気じゃなくてなんだというのか。

 そして、極めつけは「二人ならなにも怖くはない」「命をかける愛なんだ」「No one can stop me」…これは、死亡フラグだ。しかも、乱立している。

ジャニーズWESTの面々は雑誌などで、Can’t StopはCriminalのEpisode 0だと語っている。だとすればCriminalは…!!

 検索用:Can't Stop 読みかた キャンスト 和訳 日本語 意味 翻訳 和訳 キャンとストップ

と、いうわけでCan't Stopは

決められた相手と望まない結婚をさせられそうになっているお嬢様と、そのお嬢様を愛してやまない執事の禁断の愛を描いたもの。執事からの一方的な重すぎる愛は、狂気となって彼を誘拐へと駆り立てる…屋敷を逃げ出した二人を待っているのは明るい未来か、それとも…?

次回、Criminalの和訳+深読み、乞うご期待!!!!←

10月14日 8:00 追記  完成しました:

kstk.hateblo.jp

 他の和訳シリーズはこちら 

 zoppさんご本人にご紹介いただきました。ありがとうございます。

 

*1:Can’t stop

*2:Feel so lonely

*3:Can’t even touch

*4:Come to me

*5:But I can’t tell

*6:But I can’t do

*7:I don’t care

*8:Can't stop lovin' you

*9:I don’t care

*10:Can't stop lovin' you

*11:Run like crazy

*12:Come to myself

*13:For the first time

*14:I can say that

*15:Can't stop lovin' you

*16:Can't stop lovin' you

*17:Yeah I can be the one for you

*18:Let’s go

*19:Can’t stop

*20:No one can stop me