読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よわい犬ほどよく吠える

ジャニーズに興味がなかった私がジャニーズに落ちた。今なお沼を遊泳中。無断転載禁止。(例:スクリーンショット・コピペなど)

関西ジャニーズJr.知名度向上のためのイメージ戦略策定支援

お役立ちシリーズ

関ジュに売れて欲しい。関西ジャニーズJr.のファンを増やし、事務所に需要を示すために一ファンには何が出来るか?を考えてみた。

1. 関西ジャニーズJr.を取り巻く状況と課題

1-1. 関西ジャニーズJr.の現状

 関西ジャニーズJr.とは関西圏のジャニーズJr.の総称である。大阪を中心に活動をしており、デビュー組の大阪公演のバックについたり、大阪松竹座で公演を行ったりしている。2016年の関西ジャニーズJr.の主な活動(〜9月時点)は以下の通り。

  • コンサート「春休み関西ジャニーズJr. スペシャルshow 2016」(3月31日〜4月11日)
  • 映画「目指せ!ドリームステージ」4月16日公開、10月26日ブルーレイ&DVD発売)
  • 舞台「ANOTHER」(8月2日〜8月26日)

 2016年の推定動員数は5万2000人*1。複数公演入る人も多いため、ファンの総数は1.5~2万人程度だと考えられる*2

 関西ジャニーズJr.の強みとしては、まず縦のつながり関ジャニ∞ジャニーズWESTといった、同じく関西ジャニーズJr.に所属していた先輩アイドル達との関わりが強い。また、現在はユニットが無いため、「関西ジャニーズJr.」の一括りで活動している。そのため、ファンにもアイドル達にも一体感が生まれている。他には、比較的自由度が高いという特徴もある。神山智洋くんが1万字インタビューで事務所の人がいなかったため、先輩が後輩を指導する文化があったと発言しているように*3、アイドルたちがお互いに切磋琢磨している印象を受ける。

 反対に、弱みとして挙げられるのはなんといっても露出度の低さ少年倶楽部を例に挙げると、年に13回ある少年倶楽部の収録のうち、大阪で行われるのはたった1度のみである。また、先ほどは強みとしてあげたものの、ユニットが無く、多人数で活動しているというのは弱みでもある。

1-2. 男性アイドル業界動向

関西ジャニーズJr.の今後に影響を与える環境要因について、PEST分析を行った。

f:id:piro2paniTsuri2:20160910160136p:plain

 ここで特に注目したいのが技術の分野。現在はインターネットが普及しており、男性アイドルのファン層のスマートフォンの所持率も上昇している。同時にテレビの視聴率は減少しており、プラットフォームがテレビではなくインターネット上やリアルへと移動している傾向がある*4

1-3. 現状の関西ジャニーズJr.のポジショニング

男性アイドル業界で競争優位なポジションを確立するにはどうすればいいのか?ここでは関西ジャニーズJr. の競争状況を考察した。

f:id:piro2paniTsuri2:20160910155821p:plain

 「アイドル戦国時代」という言葉は女性アイドルに限った話ではない。男性アイドル界にも競合は多く、また新規参入のハードルも下がっている。インターネットの普及に伴い、事務所に所属せずとも、SNSで自ら発信し自らをプロデュースする、ネットアイドルと呼ばれるアイドル像が誕生した。

 男性アイドルに代わる代替品も豊富にある。2.5次元舞台(ミュージカル)と呼ばれる、アニメや漫画を原作とした作品を若手俳優達が演じる作品も人気が出ている。若手俳優や声優のアイドル化も進んでいる。他にも、動画配信サイトを用いて自らの作品を発信する、Youtuberや歌い手、踊り手等が視聴者によってアイドル化されていくケースもある。今までの「事務所に所属し、プロデューサーにプロデュースしてもらう」という受身の時代は終わり、自ら売り出せる場を決め、自らをプロデュースしていくという攻めの時代になった。

 これらのアイドル像の変化の背景には、消費者の意識の変化がある。最近の傾向として、消費者は「モノ」を買うのではなく、「一度きりの自分だけの生の体験や人や人とのふれあいにお金を投じる」ことが多くなった*5。また、客が関わることの出来る消費への需要が増加している*6

 アイドル像の変化と消費者の意識の変化により、「アイドル」という文化はさらに身近になった。アイドルとファンの距離は縮み、今ではSNSを通じてアイドル本人と直接コメントを交わすことや、接触商法の一環として握手や写真撮影なども可能になった。

 それと同時に、今までのような正統派アイドルだけの路線ではない、「+αのアイドル像」が求められるようになった。競争が激化しているからこそ、アイドルはいかに「+α」の付加価値をつけられるかが勝負になってくる。アーティスト色や音楽性の増加*7、またオリジナリティ溢れる「キャラ」付けなどがこれにあたるだろう。また、「体験重視のライブの時代」が到来しており、そこでしか見ることが出来ない地元アイドル人気が急上昇している。*8

 新たなファンの発掘には、動画配信サイトやゲームなど、ネット上のサービスとの融合が必要である*9。それに加え、国民的アイドルになるためには、いかに「一般化」出来るかが問題になってくる。いわゆる「アイドルオタク」と呼ばれる人々の間でパイを奪い合うのではなく、いかに一般層まで浸透することが出来るかが今後のアイドル達の課題となってくる*10

1-4. 関西ジャニーズJr.における課題

 現状分析を通し、関西ジャニーズJr.の課題の洗い出しを行った。

彼らの最大の課題は知名度の向上だ。ジャニオタ内での知名度も勿論、上記で述べたように人気爆発のためには一般層まで浸透させることが必要になる。二つ目の課題は差別化。競合が多い今だからこそ、+αの価値を創造し推進する必要がある。また、ジャニーズ事務所の性質上、SNSを用いた宣伝や、構造上の変化を起こすことは難しいということを念頭に置いて話を進めていこう。

 これらの課題を解決する、一ファンが出来る知名度向上のためのイメージ戦略の提案を行いたい。

2. イメージ戦略の適用分野とそのインパクトについて

2-1. イメージ戦略の適用分野

イメージ戦略を適用し、関西ジャニーズJr.を「会いにいける大家族」として売り込みたい。1) 生で会える 2) 家族感 3)普通の男の子 の3点に特に着目して布教を行う。

1) 生で会い、関わることが出来るアイドル

 上記でも述べたように、消費において「ナマ」や「リアル」への需要が急増している。テレビへの露出が少ないという弱みを逆手にとり、「会いに行けるアイドル」というキャッチコピーに代表されるように、「会える」ことをアピールしていこう。また、客が関わる消費の人気を受け、コンサート中に客が関われる曲が多いことをアピールする。

 関西ジャニーズJr.の楽曲にはC&Rがあるものが多い。その代表格とも呼べるのはロマンティックである。「恋してるかい?」と問いかけるアイドルに対して、「もちろんきみに!」と叫ぶことが出来るのである。これぞまさに客が関わる消費である。このような曲の存在をプッシュしていき、自担に直接愛を届けられる現場であることを推していく。

2) 家族のような一体感、ディープな関係性

 関西ジャニーズJr.では、入所したての小さいジュニアの子が入所して十年以上経つお兄ちゃんジュニアと仲がいいなどということも多く見られる。ユニットがない現在の関西ジャニーズJr.だからこそ見られる、様々なメンバーの化学反応を広めていこう。ジャニオタはアイドル同士の関係性にまつわるエピソードにとても弱い。そのため、関ジュ同士のディープなエピソードを広めることで、「どんな子なんだ?」と興味を持ってもらうことが出来る。 

 関ジュ担を表す際に用いられる言葉として「松竹座の住人」というものがある。これらを総括すると、松竹座を「家」とし、関西ジャニーズJr. 全体、そしてファンも含めて「家族」と表現してくことによって、ファンが主体的に体感することが出来る、アイドル鑑賞体験を提供したい。

3) 普通の男の子

 関西ジャニーズJr.を普通の男の子として売り込む。現在のアイドルにおいて「+αの付加価値」が必要であることは上記でも述べた。「ジャニーズ」という単語から連想されるキラキラアイドルな姿だけではなく、普段の学校生活や趣味に取り組む姿を見せる。そこに生じる「彼らも同じ人間なんだ…!」というギャップを使い、アイドル本人を身近に感じさせる現状のジャニーズアイドルとファンの距離感を変えないまま、ファンにアイドルとの距離が近いように錯覚させるのだ。

2-2. イメージ戦略適用後の目標

 上記で述べたイメージ戦略の適用後、達成したい目標について述べていく。

 短期の目標は露出度の増加。上記のイメージ戦略の適用によりファンが増加した場合、ファンの声を事務所に届ける事によって、ジャニーズweb上の連載や、雑誌掲載時のページ、またテレビ番組への出演を増加させる。ジャニーズショップにおける写真の取り扱いの総数やDVD等を増やすことによって、新たなファンへの敷居を下げ、ファン獲得に向けての動きを活性化する。

 また、中期の目標として、ジャニーズ事務所における「関西ジャニーズJr.」への需要の認知を目標とする。それにより、関ジュとしての一体感を活かしたまま、現在の関係に基づいた少人数ユニットの作成。そして、それぞれのユニットの特色やキャラを打ち出し、彼らにあった楽曲・衣装の作成をしてもらいたい。

 長期の目標として松竹座での公演数の拡大と、さらにキャパの大きい会場での公演、また関西ジャニーズJr.を主体としたツアーの開催。また、東京のジャニーズJr.と互角に戦えるようになってほしい。そしてなんといっても、関西ジャニーズJr. からの5年以内のデビューを目標とする。

f:id:piro2paniTsuri2:20160919085810p:plain

関西ジャニーズJr.売れて!!!ファンが一人叫んだところで何にもならないなんて言わせないぞ!!頑張れ関西ジャニーズJr.!!!!

追記:博多座で行われているジャニーズフューチャーワールドに関西ジャニーズJr.から向井康二室龍太、藤原丈一郎、草間リチャード敬太、大橋和也が出演中です!!応援よろしくお願いします!!!!

その他関ジュ関係の過去の記事はこちら:

初心者による関ジュ見解と推し発表 - よわい犬ほどよく吠える

funky8とプロムに行きたい  - よわい犬ほどよく吠える